男の人

良いクリニックの選び方

背伸びする女の人

偏頭痛は、性別関係なく起こるものですが、特に女性で悩んでいるという方は多いです。女性の中でも、20代~40代の年齢層で多く、エストロゲンが深く関わっていることがわかります。そのため、生理前や生理中に頭痛がするということが多くなってしまいます。エストロゲンとプロゲステロンは、生理周期によって分泌量が大きく変わります。そのため、偏頭痛が起きやすい時期と起きにくい時期が出てくるのです。このことがわかっていれば、偏頭痛への対策もしやすくなります。基礎体温をつけて、エストロゲンが変化するタイミングを把握すれば、事前に薬や食べ物などで対策することが可能です。また、経口避妊薬を服用していることで偏頭痛が起きることもあるので、注意しておいたほうが良いです。精神科や心療内科で処方される薬を飲むという対策法もありますが、ストレスやプレッシャーを感じない生活を送るということも大切です。

偏頭痛を治すのが難しい理由は、原因を特定するのが難しいからです。原因がわからないと対処することはできませんし、予防もできなくなってしまいます。また、原因が1つだけの場合もあれば、2つ以上の原因が重なっているというときもあります。そのため、自分が正しいと思っている対策をしたとしても、偏頭痛を感じてしまうのです。ただ、原因不明の場合でも、必ず原因はあるので諦めないようにすることが大切です。どういうときに痛みが出たのか、どういう時間帯に痛みが出たのか、などを把握することによって原因を突き止めていくことができます。生活習慣や食べ物が痛みを誘発することもあるので、普段の生活習慣を見直してみることも重要です。

偏頭痛の治療をするために、精神科や心療内科を受診する場合は、無理なく通えるクリニックを選んだほうが良いです。人気があるクリニックだからといって、通院するまでに何時間もかかるようなところを選んでしまうと、通う度にストレスを感じてしまいます。偏頭痛は、ストレスによって引き起こされることもあるので、楽に通院できるクリニックを選んだほうが良いです。1時間以内に通院できるようなクリニックなら、ストレスを感じることなく通うことができます。また、診療時間をチェックしておくことも大切です。サラリーマンの場合、平日の日中は仕事をしているので、通院するのは難しいです。そのため、平日の日中だけ診療しているクリニックを選んでしまうと通院できなくなってしまいます。最近では、夜間診療している精神科や、土日も診療をしている心療内科も増えてきています。ライフスタイルに合ったクリニックを選べば、楽に通院できます。